FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『福島の学校の校庭はこんな感じにしたらどうだろう?(図解つき)』

福島の学校の校庭利用の被曝基準が年間20mSv・・・
このニュースもあっという間に過去の事っぽく感じちゃいますが、
これ、未だ変わって無いんですよね、、、ちょっと信じられませんね。

表土を削った学校が出てきたら、それに対して「そんな事やる必要ない。」
という政府の発言には耳を疑いましたが、その後、必要ないと言ったにも関わらず
行われた「土の上下を入れ替えてみるテスト」にはさらに驚きました。

「え?2ヶ月で50cm削って、下の土と上下交換したとして、、、
じゃぁ、そのまた数ヶ月後、線量が上がったら?次は何メートル掘るの?」

って話じゃないですか、1回こっきりのその場しのぎの案でしかないとは思いますが、
その場しのぎでも危険を回避するにはやらないよりましか???
でも、実際こんな状態が10年も続くとするならどうしたらいいんだろう・・・?
なんて事をモンモンと考えて思いついたのがこんな校庭↓


福島の学校の校庭案
*実際は小さなこういうブロックを敷き詰めるイメージ

【説明】
1.放射性物質が地表に溜まる
2.そっと裏返えす
3.地下で汚れた面を洗う。
4.キレイな面で遊ぶ。
1.に戻ってこれを繰り返す。(汚れた水は東電へ。)


まじめな話かと思いきや、ちょっとバカっぽい案ですみません。(^^;)

ま、ちょっと現実的じゃないですかね。すごい高くつきそうだし、
汚染水処理の問題があるし・・・。でもとにかく、自動じゃ無くてもいいから
こんな風に除染を繰り返せる何かしらの方法を現実的な所に落とし込めない
ものか・・・なんて思います。

だって、みんな西へ避難するなり、海外に移住できればいいけど、それは無理・・・
でも、東北はもちろん関東全域まで含めて残念ながら大なり小なり汚染はある。
となれば、そういう現実をちゃんと認めて、その中で、その時々にどう対処して
生きてくかを常に考えつづけないといけないんだよなーと思います。

お茶が危険とか、どこまでの海がヤバイとか、常に気をつけるのは面倒だし
生産者を思うとやるせない気持ちにもなりますが、子供とか未来を考えると
そういうのを日常として、当たり前の事として生きてく強さも必要だなと思います。

(あ、僕はそんな考えですって話なので、読んでくれた人に強要してる訳じゃないのであしからず。)



ちなみに、この動画を見ると、年間20mSvがいかに適当に決められた数値か解りますよ。

福島の子どもたちを守れ!1回目
福島の子どもたちを守れ!2回目


スポンサーサイト
最新コメント
プロフィール

onnchann

Author:onnchann
日々の出来事から思うことをツラツラと、たま~に更新します。

最近のツイート
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。